ホリデイ・トレッキング・クラブ

メンバー紹介

①治療のスタートは患者さんを知ること

私たちは歯科治療のスタートは患者さんを知ることからと考えます。
それは、歯科医療を提供するにあたり最適・最善とは、患者さんによって異なってくるからです。
その人の生活環境、今までとこれからの人生が、それぞれ違っているように、良い治療とされている医療が必ずしも、その人にとって最善・最適な治療とは限らないからです。

②安心の滅菌システム

歯科医療を提供するにあたり、安心と安全は患者さんに関わる重要なことと考えます。
当院では、従来から使用されている高圧蒸気滅菌法(オートクレーブ)に加え、ホルマリンガス滅菌法を導入して、
金属のみならず、ゴムやプラスチッック製の器具に至るまで確実に滅菌・消毒しています。
そして、患者さんや医院で働くすべての人に対して安心で安全な歯科医療機関であるよう努力していきます。

③無痛治療への取組み

患者さんにとって、歯科医院に通院するにあたり、不安な要素である『痛い』を少しでも解消するため北12条ワンツー歯科では、無痛治療への取組みに励んでいます。
まず、痛みの原因となる麻酔です。この麻酔の注射が痛い場合と、麻酔の効きが悪く治療での痛みを感じる場合があります。このため私たちは、表面麻酔、針の無い麻酔用注射器、電動麻酔器などを使用して患者さんの『痛い』を解消していきます。

④歯科衛生士の担当制

一人ひとりの患者さんに対して専属の歯科衛生士が担当させて頂きます。
これは、より患者さんを知るためです。担当の歯科衛生士だからできる、その患者さんに合った口腔健康管理やお口のメインテナンス、ブラッシング指導を行なっていきます。そして何よりも仕事に取り組む姿勢として、責任とやりがい、患者さんへの想いを養っていくことが歯科衛生士、歯科医院には大切なことだと考えます。
あなたのことを知っている専属の歯科衛生士が、あなたに最適な予防歯科を提供します。

⑤隣接した歯科技工所との連携

技工所とは、患者さんのお口に入る被せもの(銀歯など)や入れ歯を歯科技工士が製作するところです。歯科医院では歯科医師が治療し、歯科技工所では歯科技工士が銀歯や入れ歯を製作します。この2つの連携があってはじめて患者さんの満足する歯科医療が提供できます。北12条ワンツー歯科では隣接した歯科技工所との密接な連携にも力をいれています。歯科医師と歯科技工士が患者さんの情報を共有し話し合い、患者さんにとっての最善な治療へと導きます。また、患者さんによっては直接技工士がお口の状況を確認し、噛み合わせや歯の色などを確認し、機能的、審美的に優れた医療を提供できるよう努めます。
また、セラミックの歯、バネのない入れ歯などの自費診療も歯科技工所との連携により、低価格で提供しています。          

⑥歯列矯正治療

北12条ワンツー歯科では歯列矯正の治療もしています。歯並びや噛み合わせは、コンプレックスにもなる問題です。正しい噛み合わせや歯並びを良くすることは、見た目だけの問題ではなく、よく噛むことで全身への健康の関わりや、虫歯へのリスクを減らす事にもつながります。当院では、北海道大学歯科診療センター矯正歯科で15年間研鑽を積んだ副院長(日本矯正歯科学会認定医)が担当になります。

⑦完全予約制

私たちは、治療に関わる時間は患者さんから与えられた貴重な時間と考えます。
患者さんごとの適切な治療期間や治療内容を計画し、実行していくための大切な患者さんの時間です。そのため、北12条ワンツー歯科では完全予約制とさせて頂きます。第一に現在通院されている患者さんの計画や予定をお守りする事を考えるだけではなく、これから通院される患者さんにも最初の診察が形式だけのものにならないために、事前にお電話などで診察予約をいただくことで、症状に合わせた適切な診療時間を確保させていただきます。

あなたも参加しませんか?
あなたも参加しませんか?